fc2ブログ

定番の。。

憧れの【彼女】とのビミョ〜なツーショットも撮れて、、
翌日は Paris滞在、実質の最終日。。(最後の日は 早朝から 空港に向かわねばならないので。。

今日は マドレーヌ寺院界隈に、、DSC00474_convert_20121127213307.jpg
この日だけ、、というか この時だけ、お天気が良かったので、 寺院前のお花達も とっても キレイでした〜

マドレーヌ寺院界隈。。
そこには、私が 毎回欠かさず 立ち寄る マイユのお店があります
                  Boutique Maille (240x160)
日本人のお客さんもとっても多くて、、、、大阪弁の若い観光客の方達もいて、、ちょっと 懐かしかったり。。 (なんせ、日本を出国してから 日本語は【バースデーソング】を歌ったときだけ、、聞くことも ほとんどなかったのです。。

今回 マイユで 購入したマスタード達は。。こちら 
                DSC00491_convert_20121127213405.jpg
本当は ビネガーとかも欲しかったのですが 、、瓶が多くなると大変なので、、 また次回。。

そして、 この界隈で もう一件。。。
写真-15_convert_20121128234754写真-14_convert_20121128234822
ZARA HOME】。。
オシャレで ゴージャスなグッズがいっぱいです でも、、意外にお手頃価格だったりして、、
あれやこれや 欲しいものは 山のようなのですが、、 食器だったり サイズの大きな物だったり。。持って帰るのに苦労しそうで、、 いつも 諦めて帰るのです
が、、 そうと分かっていても 毎回 立ち寄ってます 

そして、、
この日の最大の目的、、 【お花屋さん】へ。。 



スポンサーサイト



再会 2 !!

マダム家3兄弟の幼なじみである彼女の家を出ると、、
辺りはすっかり暗くなっておりました。。

目的の場所は メトロに乗ってしまえば 30分もかかりません 
「さあ!! やっと 逢えるよね と メトロに乗っている間 ウキウキでした。。  

そして、とうとう トロカデロの駅に到着      
沢山の人が一気に電車を降り。。    「やっぱりね〜〜 
なんて 感心しながら改札に向かうと。。。
  それにしても この人の多さはなんだ?? 

改札を抜け、、階段を上がり。。。
見たものは。。 
              116_convert_20121122213632.jpg
なんと      こちらの写真は 去年のシャンゼリゼ、、この時も いきなりの   に みまわれたのでした。。

人が多かったのは 雨宿りの為。。。

しか〜〜し 
こんな事で めげてはいけません 
だって、、ココからでは 【彼女】には 逢えないのです 
  も なかったのですが、、(この日だけ なぜか お部屋に置きっぱなし
コートのフードをかぶって。。。
いざ 
トロカデロの駅の階段を上がりきり、、  
あの角を曲がれば 
そこには。。 ほら 
            DSC00472_convert_20121122215125.jpg
ず〜〜っと お逢いしたかった【彼女です 
ココは シャイヨー宮。。 
夜、、【彼女】に逢ってみたかったのです ココから。。
ちなみに、 昼間の【彼女】はこんな感じ。。
            IMGP4497_convert_20121122220052.jpg
そして、、、【彼女】から見たシャイヨー宮は?? というと こんな感じ。。
            061_convert_20121122220356.jpg

両方とも 去年の4月の終わりに撮ったもの。。とってもお天気がよくて 最高でした〜〜 

なのに 、、今夜は。。まさしく 去年のクリスマスのシャンゼリゼ同様。。【】は止むどころか
こんな感じ。。
            121_convert_20120418223906.jpg
も〜〜大雨ですぅ〜〜
みんな 一斉に近くのカフェスタンドのひさしの下に避難 
みんな〜〜 ココはカフェだよ〜〜 コーヒーの注文はないの〜〜 」ってお兄さんが苦笑い。。
こんな場所からでも 彼女を写真に収めようと。。
パチリ 
             DSC00471_convert_20121115203312.jpg
ディスプレイの巨大ソフトクリームと共に。。。 
そして、、、、
やっぱり。。 私も一緒に撮ってもらいた〜〜〜い ってことで、、
この際ぬれるのなんて どうでもいいですぅ〜〜
Say Cheese DSC00473_copy.jpg。。。なんですけど。。
お兄さん ちょっと これって。。私に アンテナ立ってるみたいよ 

でも。。
ま、、【良し】としましょ 

私と 【彼女】のツーショット  なのだから。。。



                  

その前に、、そして。。

日曜日夕方。。

そろそろ 私の予定をこなそうと、帰り仕度をしていると、、
【ジジジ〜〜〜とベル  が鳴り、、 どうやら また どなたかのご訪問。。
やって来たのは 誕生日パーティーの主役だった彼女
先に来ていた お友達との待ち合わせをマダムの家でしていたのでした。
               DSC00445_copy.jpg
写真左 待ち合わせしてた  中央は お誕生日会の主役の彼女 
彼は 実は バースデーコンサートを開いたミュージシャンのお友達が作った曲に詩を書くという 作詞家さんで、、もちろん  ここ(マダムの家)に集まってくる全員が 古くからの友人で幼なじみなのです

写真中央の彼女は バンドのマネージャーのようなこともしていて、今日は 作詞家の彼との打ち合わせがあったのだそうです。

マダムに別れを告げ、 彼女達と一緒に家を出た。。。まで は良かったのですが、 一緒に歩きながら 「どんな詩だったのかしら。 フランス語だったから あまりよく分からなかったんだけど。。」と言ってしまった為に。。
 さすが フランス人。。
熱く熱く 語りだし、、
「テープがあるから 彼女の家で一緒に聴こう!! 」 「すぐ 近くだから!!」って、、、(それは 知ってます 
結局、
フランス語で 上手く断れない私は そのまま彼女の家に。。
「また ここに 来るなんて 思っても見なかったけど。。 って内心思いながら、数日前、朝方までお邪魔してた彼女の部屋に。。

テープを流して 先日のバースデーコンサートで彼らが歌っていた曲の説明を。。
  なんと 英語で
彼は 英語ベラベラだったのです 
何曲も 歌に合わせて 英語で、彼の作った【詩】を得意げに説明してくれました 

今 何時?? 
腕時計というものを好まない私は、時間を知るのに 携帯電話頼りなのですが、こういう時、電話を確認するのも失礼だし。。
しかし  ここは 数日前にやって来た彼女の家。 時計の場所は分かります 
あら〜〜 20:00近くに。。。

「いくらなんでも もう 行かなきゃ」って 丁寧にお礼を言って。。

急ぎ足で 目的の場所へ。。。

きっと 彼らは 
「日本人って おとなしいよね〜」って思っているのだろうな〜

いいえ  違うのよ ほんとは 。。
喋りたくても 喋れないのよ〜〜 
」 って 心の中の 叫びです

Parisでは おとなしい性格だ と思われてる私なのです。。 

お散歩。。お散歩。。

Paris。。日曜日の朝です。。

「本当なら、今頃、私は モン・サン・ミッシェルにいるはずなんだけどな〜 」などと 思いつつ、お宿の窓を開けると、 今日も どんより。。 曇り空 

実は、旅のはじめに マダムに 「週末に モン・サン・ミッシェルに行きたいのだけれど。。」って相談してたのですが、すぐに 天気予報を調べてくれた 彼女が 「今回は 諦めなさい  絶対 お天気悪いから。。」って 止められてたのです。。
「まっ 行かなくて 正解だったかもね 」って思いながら、身支度を済ませ、 マダムの家に ブランチをご一緒させていただきに。。

ただ、、 時間が少し早かったので、この界隈を ちょっと お散歩。。 

DSC00446_convert_20121115202237.jpg 
こちら14区のシンボルタワー モンパルナスタワーです 
こちらは  なんていうビルでしょうか??DSC00407_convert_20121115202138.jpg
とってもアートな壁でしょ 
そして、、 アートと言えば。。DSC00450_convert_20121115202350.jpg
(上手く撮れなくて、見づらくてスミマセン )  こちら  鳥の羽や 貝殻。。爬虫類の皮とかで作られた 【仮面】。。(と思われます ) 写真右側の作品は 【仮面】に見えますが、、左側の物は、、確かに中央に顔らしきものは ありますが、、果たしてこれも 【仮面】でしょうか  かなり な作品です。。
さすが、 モディリアーニ や 藤田嗣治が住んでた街。。いまでも 芸術家さん達が多く住んでるそうですよ 

芸術家さんと言えば。。
前回の記事にも書かせていただいた、モンマルトルの丘の方々。。
DSC00462_convert_20121115203027.jpg こちら、1階が お土産用の絵を売るお店で、お客さんでいっぱいだったのですが、 2階は意外に 誰もいなかったので  撮影しちゃいました。
ココって。。アトリエですよね   天井が ガラス張りになってて、、、 光を いっぱい取り込んで 絵を描いている モネ や ルノワールのような 画家さん達のことを 想像してしまって どうしても この天井の写真を撮りたかったんです  

ちょっと 話が脱線してしまいましたが。。

そろそろ マダムの家に向かいましょ 

頼まれていた バゲット  を いつもお店で買って。。
DSC00448_convert_20121115202311.jpg 左側の 赤いお店です 

私用に シューケット 
名称未設定+3 シューケット_convert_20121115232255  参考画像です。 実際は チョコチップいっぱいの物を買いました   軽くって パクパク 食べれちゃうんです 
 
さあ マダムのお家へ   
この日は 3兄弟の幼なじみさんも 後から来られ、 あっと言う間に夕方です。。

あ〜  私の旅行も もうすぐ終わるわ〜〜 
 
刻一刻と 時は 過ぎて行くので、、
私の 旅程も こなさなきゃ  

と言う訳で。。
この日は 夕方から トロカデロに 向かいました。。 
どうしても逢いたかった 彼女に逢いに。。。 


 




モンマルトルの丘で。。

私の旅も 終盤に入り、、(ほんと あっと言う間なんです いつも。。
ほぼ 毎回訪れる モンマルトルの丘へ。。
今回は 初めて ケーブルカーを使っちゃいました 
            DSC00453_convert_20121109143643.jpg

富士登山もした山ガールもどきの 私ですが、今回は 【楽】して 登っちゃいました (笑)
            DSC00454_convert_20121109143716.jpg
いつ 訪れても 人でいっぱいのモンマルトルです  

世界中どこでも 人が沢山集まる場所には いろんなパフォーマーの方々がいらっしゃるもので、、
ここ モンマルトルの丘も例外なく いつでも なにかしら してらっしゃいますね
前回は、丘の上の、、1人立つのがやっとぐらいのブロックの柵に上がって、サッカーのリフティングのパフォーマンスをしていたのですが あまりにすご技連発で 写真を撮るのを忘れてしまったほどでした。。

そして 今回。。
              DSC00456_convert_20121109143817.jpg
こちらは 【パペット】。。どうやら、森に住む動物達のお話。。のようでした。
とっても 素朴なんです。 プロのかた?? アマチュアのかた??  それにしても とっても 素朴な感じ 

そして、サクレ・クール寺院の脇を入ったところで 見かけた こちら
                        DSC00459_convert_20121109143911.jpg
微動だにしない彼。。  
それを観ていた1人の女性、、が 彼に近寄り、足下のバッグにコインを投げ入れると。。。
急に    踊りながら  その女性の周りを回って、、最後に 写真を撮るためにポーズ  してあげてました。。。

あれ  やりたいっ  」って思って。。。
一緒に 撮ってもらっちゃいました 
           DSC00460_copy.jpg
記念の1枚になりました 

さて、、寺院から 歩くこと数分。。
画家さん達が沢山集まる有名な場所にやってきました。。
    051_convert_20121109154516.jpg あまりの混雑ぶりだったので、ちょっと離れた所の写真です。

いろんな画風で描かれた似顔絵のサンプルを見ながら、、そして、「いかがですか〜 」という お誘いを丁寧にお断りしながら 歩き。。少々疲れたので、お茶タイム です。
カフェのテラス席に座ると 道の向こう側に。。 またもや パフォーマーさん。
       DSC00464_convert_20121109144000.jpg
ヴァイオリンを弾く彼。。

次から次へと クラシックの名曲を奏でていくのです。。
それが どの程度のレベルかは 分かりませんが、 けっして お粗末なものでは無くとっても素敵なんです。
(少なくとも 私の耳には  )

。。で。。 私。。 思ったのです
いったい 彼は このお仕事で どのくらい 稼げるのだろう  って。。
とっても 【余計なお世話】なんですが。。 とっても 真剣にそう思ったのです。

私。。どうしても、、ヴァイオリン弾けます!! っていうと【おぼっちゃま】なイメージしか浮かばないんです。。だから、 「もっと 他に 良いお仕事ありそうよね〜」って 勝手なこと思ってしまったのです。

で、、その夜 ディナーをマダムとご一緒した時に そう話すと。。
「彼らは ジプシーの人かもしれないわ。。」っと。。 
生きるために 親や一族のひとから 教わったヴァイオリンで稼いでいるのだそうです。彼らの生活の術なのですよね。

他にも カフェにやって来て、お客さんのそばで アコーディオンを弾きながら陽気に歌う とっても綺麗な若い男の子がいたり。。(前回も 見ました だから 彼もお仕事なのでしょう)ごめんなさい 写真なしです 

モンマルトルの丘で似顔絵を描く画家さん達だって、 パフォーマンスしている大道芸の方々だって。。
観光客である私達は 映画のような こんな光景を目の当たりにすると、
「あ〜〜 これぞ Parisよね〜」なんて 思って 満足したりしますが 
実際 その生活を 日本で、、 東京や大阪でしようと思ったら。。ちょっと想像つかないです。。

あの場所で毎日 同じ生活をする彼らは、、決して 裕福にはなれないかもしれないけれど、好きなことをして楽しく暮らすという考えなのかもしれませんし、それが 生きる術だから という人たちも もちろん いると思います。

改めて 「こういう生き方もあるのだな〜」と 思いました。

上手く言えませんが、、
今回 モンマルトルで 素敵なParisの裏側にある一面を見た気がします。。


お土産 en France

Parisに着いて3日目の朝。。

時差ぼけにはならない私ですが。。
さすがに いろんな疲れが溜まって。。(なんせ 朝8:00前、やっとお部屋にもどったのですから
その日はお昼をまわり、、3時ぐらいまで 活動停止】状態 
「このままでは 時間がもったいない 」と  近くのスーパーにお土産を買いに出かけました 

近くには モノプリカルフールなどのスーパーマーケットが点在しておりまして、、
ぶらぶら散歩しながらのお買い物は その日の私には ちょうどいい感じでした 

出発前に書いた 「お土産。。どうしましょう という記事で いろいろ 皆様より アドバイスをいただいたので、、それも 参考にしつつ。。

「まずは、これかな?? 」 と 選んだのは こちら
                        
              DSC00501_convert_20121103094651.jpg
フランスでは定番の 【プチマルセイエ】のボディーシャンプーです。   お仕事1週間もお休みする私を快く送り出してくれた オフィスのみんなにお土産です。。   
香りも沢山あるので それぞれ ふたを開けて クンクン しながら (ほんとは いけないのかしら )バリエーションゆたかに お買い上げ〜〜 
このブースに留まること 数十分。。 日本でも スーパーマーケットに行くとじっくり いろいろ見てしまう私なので、、あちらでは なおさら。。なんです 

さて、
次は お菓子でも。。。買いましょう。。
おススメいただいてた物の中の
【ボンヌママン】 を買うことに。。
マドレーヌが欲しかったのですが、、そこには置いてなかったようで、、「さて、ほかに何を。。」と思っていると、私の隣に 1人のマダムが。。ボンヌママンのお菓子を買われる様子。 「すみません。 どれが おいしいですか??」っと 尋ねてみると。。  ボンヌママンはどれも美味しいわよ  私の好きなのは ガレットだけど 。。。こっちの箱は○○で、こっちのは△△で。。」と 【ボンヌママン】のお菓子をとっても丁寧に説明してくださいました。。

と言う訳で、、おススメいただいた 【ボンヌママン ガレット】をゲット 
    bmb_photo01.jpg       bmb_photo02.jpg

それから。。 
これは 毎回欠かさず 買ってかえるものですが。。
        DSC00499_convert_20121103094730.jpg
【マロンクリーム】です    今回は mon Prof.が好きな チューブタイプです 


そして、、 今回 絶対 買ってかえろう  と思っていたものを探しに。。【モノプリ】のワイン売り場へ。。。
それが こちらのワイン md_381494_dc5ef627157fc615eddcb489d8da4c4c.jpg

写真-13_convert_20121103141813 実は 愛読させていただいているParis在住の日本人の奥様のブログに登場したワインなのですが。。。。普通 ワインボトルの栓は コルク。。ですよね (最近では スクリューキャップの物もあるくらいですが。。) こちらは なんと ガラスでできた栓なんです   

とっても素敵なこのボトル。。 どうしても 手に入れたくて ブロともさんに伺ったところ、、「モノプリで買えますよ と教えていただいたのです。。。

ところが
「ワイン。。ワイン。。ロゼワイン。。」と探すのですが。。 見つからず、、 別のモノプリに行ってみましたが 結果は一緒。。 
そうだ モンパルナスの駅前の 大きな【モノプリ】ならあるはず   
こちらのモノプリは とっても大きな店舗で ワインだけでも 相当な数 置いてました。。
で、、、【ロゼ】売り場。。探しても見つからな〜い 
店員さ〜ん  これ 」っと写メしたものを見せると。。
あ〜 あるある  ちょっと 待ってね 」と。。 ものすごく期待して待ってると。。 「あれ?? いつも置いてるのにな〜。。」どうやら 品切れだったらしいです 

な〜んか ついてないわ〜〜 」 とぼとぼ 【お宿】にもどりました。。

結局 【モノプリ】を見つけるたびに 入ってみましたが。。今回の旅では 探しきれませんでした。。

でも  
これは 次回の課題】として 残せばよいのです 
ワイン売り場が充実している【モノプリ】ご存知の方いらっしゃったら 教えてくださいね〜〜 




この日 最後の。。

2時間ほど続いたフラメンコの会も終わり。。
帰り支度をはじめていると、レストランの入り口付近で 私を呼ぶ声。。お誕生日の彼女です。。「何やってるの?? 早く車に乗って 」と。。
彼女は自分の車に乗せる人たちをピックアップしていたのでした。

私を【お宿】まで送ってくれるのだろうと思って急いで車に乗り込むと、、 既に乗っていた彼女のお友達に 「次は 誕生日パーティー 」  と にこやかに言われ。。  「えっ  今から〜 

そうなんです。 この後、彼女の家まで 車数台で乗り付けパーティーだったのです。
な〜んて 元気は人たちなんでしょう 」ほんと そう思いました。

20人ほどは居たでしょうか。。 ミュージシャンの方がだがギターを弾きながら。。カラオケパーティー状態です。。 ひとしきり歌ったあとに やっと バースデーケーキ  が登場し、お誕生日の歌を歌ってお祝いです。

この辺は 万国共通ですね ロウソクを吹き消して、プレゼントを開けて。。

ブログを書く者として、写真を撮るのは当たり前のことだったのでしょうけれど、実はその時の私には そこまでの思考能力はなかったようです。。

しかし   その後。。。 またしても 一瞬にして 目が冴えてしまう事が降り掛かってきたのです

ケーキを食べながら みんな歓談していると ミュージシャンであるお友達が また お誕生日の歌を歌いだしたのでした。。もちろんフランス語で。。
そうしたら、 次に 誰かが 英語バージョンで続けたのでした。。

そうなると、マダムの家の次男さんは 黙ってはおれず、スペイン語で歌いだしたのです 
「これは マズイ  」と思いましたが。。 時 すでに遅し。。で 
「ハイ  次、日本語  」って またしても 私に振ってきたのです 

も〜〜〜 いやだ〜〜 
って思いながらも、 「ハ〜ピ〜 バ〜スデイ トゥ〜 ユ〜。。。」っと歌いだした途端、、、
Non Non それは 英語 」と言われ、 【英語と同じ】と説明しても聞き入れてもらえず、、、 結局 テキトーに 「おたんじょ〜び おめでと〜 おたんじょう〜び おめでと〜 。。。」と歌ってまいりました。

そんなこんなして時は過ぎ。。 パーティーもそろそろお開きです。。 
「何時かしら 」と 時計を見ると。。。
 な。。なんと。。 7:30でした 
やっと 「帰ろうか  」と マダム家の3兄弟に連れられ彼女のアパルトマンを後にしたのでした。

この3兄弟。 帰るって?? どんどん歩いて行ってしまいます。。 「歩くの ??」と聞くと。
そうだけど。。何  」 この期に及んで 【歩き】って。。。 と内心思いながら、ヨタヨタ歩いていると。。
じゃ! ゆっくりおやすみ 」と。。
気づけば、そこは 私の【お宿】。。
 な〜んと 彼女の家は 私の【お宿】から ほんの数分の距離だったのです 

知ってれば 先に帰る事もできたでしょうに。。。
と その時は 思いましたが。。

今になってみれば、、、 どれをとっても 初めての。。2度とできないかもしれない、素敵な経験だったと思います

3兄弟とそのお友達の皆さんに 感謝です 
プロフィール

amiAmelie

Author:amiAmelie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR